Tag:

プチ日本文化 こけ花かざり

あけましておめでとうございます。 去年生協コープのコープカルチャーにて講座をさせていただきました。 こけだまと生け花を基本に、あたらしい日本風飾りを作っていきたいと思います。 今年もよろしくお願いいたします。

楽市ブースにご来訪いただきありがとうございました

今回の楽市はお天気にも恵まれ、 市長、商工会会頭をはじめ、たくさんの方とのお出会いの場となりました。 旧友や何年も会っていなかった方々にも偶然ご訪問いただきました。感謝、感謝!!です。 以前こけだま教室に参加いただいた方 …

続きを読む

雨の日には苔がみずみずしい緑に変わります

雨の日になると苔の緑が非常に美しく感じます。

苔のフレーム(額)緑のまま

色の変わらない苔フレーム 赤のひのきがワンポイント   モスフェイスという苔の室内装飾緑化材を利用しています。 モスフェイスの詳細は ↓↓クリック mossface4  

ステンレスの上で育つスナゴケ

今日圃場に行ってきました。 鏡面のステンレスの上で、何年もスナゴケが育っています。 スナゴケはよく岩盤に固着していたり、自然に堆積された砂や小粒の花崗岩の上で育っています。 無機質な素材の上で育ちます。ステンレスの上でも …

続きを読む

キノコと苔

昨日まで雨が降り続けました。苔に十分水分がいきわたっている様子。 こういうときには、キノコがあらわれます。どこから生まれてくるのか・・・不思議です。

苔の花言葉 「母の愛」

苔はフランス語で 「la mousse」(ラ ムース)と書きます。 女性名詞のようです。 花ことばは「母の愛」(花ことばはヨーロッパで生まれたようです) 苔は地球の表皮ともいわれます。 母なる大地とも共通のすべてのものを …

続きを読む

花に嵐 霰まで降ってきました。

桜が満開と思えば、突風が吹き、お天気になったり、雨が降ったり・・・・ 突然、あられまで・・・・ダイヤモンドみたいできれいですね。

スナゴケの胞子柄、つんつんたっています。

近頃、スナゴケを整理していると、胞子柄にピンセットや指があたると白い粉がふわっと広がります。胞子嚢(朔)から胞子が放出、拡散していきます。自然の営みを感じます。   昨年秋の胞子柄と比較

2014年 じねん工房 をオープンします。

2014年になりました。今年は じねん工房 加古川(かこがわ)をオープンします。 作って癒されるもの、見て癒されるものをつくります。 環境に優しく心に潤いを提供するコケ材を中心にアートオブジェ制作、販売および教室もしてい …

続きを読む